ウエディングドレスは購入される方、レンタルされる方がいらっしゃいます。

二度と着ないから、レンタルでいいという方でも、結婚式という非日常的なシーンでは、やはり質の良さやシルエットの美しさにはこだわりたいもの。

私たちルーチェクラッシカのウエディングドレスは、素材選びからデザイン、ディテール、シルエット、動いた時の表情など細部にまでこだわり抜いて制作をしています。
素材の持ち味を生かすことによって出来上がるデザインが、花嫁自身を輝かせることを熟知しているからです。

自然界にあるお花や樹木の描き出す曲線が何とも言えずに美しいように、私たちの目指すドレスは自然の中にも調和するようなシルエットのデザインが特徴です。

一般的にドレスは窮屈で身動きがしづらいもの。お客様からのお言葉に多いのが「他店のドレスはとても苦しくて鎧のように表情がなかったけど、ここのドレスは苦しくないし、動きやすいから自然体で着られる」というものです。

私たちのアトリエのドレスは、立体裁断で構築しているので、体にフィットしスリムに見えるだけでなく、動きもしやすいので自然と花嫁の表情も輝くのだと考えています。
洋服は美しく見えるだけではなく、実用性も兼ねてはじめて完成されるのだということは、フランスでの経験のある立体裁断の師から学びました。

ドレスは女性の体を、より美しく可憐に見せるもの。フィッティングも重要です。
挙式の一ヶ月前のサイズ合わせをきめ細かに行うことで、レンタルのドレスでもオーダードレス並みのフィット感を得られるようにお直しをいたします。
スカート丈の調節も行いますから、無理に10cm以上の高いヒールを履いたりということをしなくても大丈夫です。ご自分の履き心地のよいヒールの高さにあわせて調節しますので、ご安心です。バストやウエストの寸法もお直しできますから、レンタルのお客様でもサイズ感については大変ご満足いただいています。

会場の雰囲気や季節感、お二人のテーマなどにあわせて、様々なデザインの中からクオリティの高いウエディングドレスを選んでみませんか。