運命の1着の出会い方。

結婚が決まった花嫁にとって一番譲れないのがウエディングドレス選び。

幼い時から夢見ていた結婚式で着る運命の一着。
どうやって決めたらいいの?というのが花嫁の悩みでもあると思います。
ドレスは日常的に着るものではないので、まずは試してみるのが一番、というのが率直な意見です。

ウエディングドレスの色は、真っ白な純白、自然で爽やかなオフホワイト、優しい色味のアイボリー。

同じ素材・デザインでも色が微妙に違うだけでもずいぶんと印象が変わります。
純白は美しい言葉の響きから、日本人の憧れの色でもありますが、青白い白は顔色が不自然に写ることもあるので、私たちのアトリエではあまり用いることがありません。

38

真っ白よりも生成りに近いオフホワイトは、若々しさを強調したいときや爽やかなイメージにしたい花嫁におすすめです。
バニラ色のアイボリーは(フランス語ではエクリュ)肌の色に少し近い色の要素を含んでいるので、柔らかい印象の花嫁を目指す人にピッタリです。