トラペーズ

トラペーズ(台形)は1950年代にバレンシアガのコレクションのマリエ(ウエディングドレス)にて発表され、その後60年代にイヴ・サンローランがカジュアルなラインとしてよみがえらせ人気をはくしました。ルーチェクラッシカでも小鳥のようなシルエットがナチュラル志向の花嫁に人気です。