男性フォーマルスーツのジャケットの襟にあいている穴。または、その穴に挿す花のことを “ブートニエール” といいます。

フラワーフォールとも呼ばれますが、元々はフランス語で “ボタン穴” という意味です。

昔、ヨーロッパでは男性が女性にプロポーズする際に、野の花で摘んだ花束を作り差し出しました。

女性がそのプロポーズを受け入れる場合、その中から一本抜いて男性の胸に挿したという習わしに由来するそうです。

スーツは長い歴史の中で、様々な物語を縫い込みながら形作られていったんですね。
ボタンホールにこんな習わしがあるなんて、ロマンティックですね。

964291_606866552671127_2105292392_o