ウェディングドレスのルーチェ クラッシカ
デザイナーの光田 みどりです。

2018年5月19日に英国のハリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が執り行われました。

ロイヤルウェディングは歴史に刻まれていきます。

時を経ても輝きを失わないウェディングドレスのデザインのポイント研究してみました。

o0640096014232529635

メーガン・マークルさんは、ハリー王子との結婚式で何を大切にしたのでしょうか?

すこし考えて見ましょう。

実はメーガン・マークルさん2度目の結婚式でした。

しかし、結婚が決まる以前の2016年に雑誌「グラマー」のインタビューで

ウエディングドレスについて「大胆なものや、 さりげなくロマンチックなものが好き」
と答えていたそう。

もしも、今回のロイヤルウェディングがメーガンさんの好みを優先していたらどんな印象だったでしょう?

o0490032614232529622

大胆なデザインで肌を露出して華やかさを重要視したり

ロマンティックな甘いドレスのデザインになっていた場合

「なるほど、2度目の結婚の理由がわかったわ。恋多き女性なのね」 という印象を残してしまったかもしれません。

王室にふさわしい揺るぎないエレガントさと 「2度目」の結婚式を思わせないような初々しさ。

純粋さ

私は、この純粋さをなにより重要視したのではないかと思います。

o0660043814232534253

花嫁は、周りの人にどういう女性に見せたいかどういう演出をしたいか

それをウェディングドレスのデザイン表現できるのです。

では、今回のロイヤルウエディングでは誰が、どうデザインしたのでしょうか?

実は、結婚式の当日までいったい誰が メーガンさんのウェディングドレスをデザインするのか様々な憶測が飛び交いました。

担当したのは「ジバンシィ」のアーティスティック・ディレクターを務める女性クレア・ワイト・ケラーでした。

「ジバンシィ」は ユーベル・ド・ジバンシィ(1927-2018)が 1952年に創立したブランド。

オードリーヘップバーンの数多くの衣装を手がけたことでも有名です。

o0768102414232529683

デザイナーのユーベルが生涯大切にした言葉 は「デザインとは、ここに花を、あそこに花をと不必要なディテールを付け足すことではない」

一本のラインから完璧にシンプルなドレス を作り出すことそれが素晴らしいデザインだ」

そしてクレア・ワイト・ケラーさんは、そのジバンシィの信念をまさに受け継ぐ人だったのです。

ケンジントン宮殿の発表によるとメーガンさんは2018年初めにクレアさんと対面したそうです。

メーガンさんは時代を超えたエレガントな美しさ素晴らしい仕立てと優しい物腰に惹かれ彼女とドレスを作りたいと思ったそうです。

ふたりはドレスのデザインについて一緒に話し合い、老舗メゾンの「ジバンシィ」らしく「タイムレス」「ミニマル」かつ「エレガント」なスタイルにすることにしたそう。

そしてけがれのないイノセントな雰囲気をピュアなシルク極力シンプルなデザインにおとしこみ
それにも関わらず、強いインパクトを残しました。

o0640085914233042770

特にこだわりを感じるのは、 肩とくびれたウエストを美しく見せるボートネックのデザインです。

鎖骨を美しく見せるボートネックライン控えめで清楚な雰囲気に演出するための一番のポイント。

o1200080014233042759

背中も、お肌の露出を極力控えたデザインで まるで白無垢のようなストイックな印象を受けます。

5mにも及ぶロングヴェールもシンプルなAラインのシルエットの美しさを引き立てていて印象的。

o0768049814233049221

 七分丈の袖は、モダンさを表現しています。

しかし、奇抜さや派手さはありません。

数年、数十年と時を重ねても輝きを失わないエレガントな[本物の美]シンプルさの中にあるのだと学ばされました。

o1200080014233042803

ロイヤルウェディングのように[本物の美]を身にまとって一生に一度の結婚式を迎えたい

どれだけの時を重ねても色あせない清楚な花嫁らしさを表現したドレスを着たいという花嫁は

シンプルで 上質な素材 シルエットが美しい ドレスを選ぶことをおすすめします。

o0630047214232529655

 世界中に注目されたロイヤルウェディングからジバンシィが生みだした本物の美について考えてみました。

 

 

◎すでにウェディングドレス選びをはじめていて
試着したけれどなんとなくピンとこない
何を基準にして決めていいのかわからない
などお悩みを抱えている方は

info@luce-jp.comまで
お写真など添付のうえ、お気軽にご相談ください。

アトリエで、実際のウェディングドレスをご見学やご試着いただくことも可能です。
こちらもメールにてご予約ください。

 

 

資料請求はコチラのフォームからお申し込みください。