Processed with PICSPLAY

デザイナー 光田 実土里

青森県青森市出身。

織田デザイン専門学校(現・織田ファッション専門学校)服飾本科(夜学)卒業

夜学在学中にイヴ・サンローラン オートクチュールの東京のアトリエにて縫製担当

東京立体裁断研究所にて故・近藤れん子氏より

立体裁断の基礎知識・婦人服造形理論とパターン

造形ポイントを学ぶ

1996年8月渋谷区広尾にウェディングドレス専門のアトリエ「ルーチェ」をオープン。

オープンと同時に、雑誌Hanakoに取り上げられたことがきっかけで、様々な媒体に取材を受け、有名女優・モデルなどのドレスも手がける。

1998年には下北沢ににアトリエを移転に伴い、アトリエ名を「ルーチェクラッシカ」に改名。

2016年から現在の国立市のアトリエで、花嫁の個性を活かしたウェディングドレス作りや花嫁に向けての情報発信中。

体型のお悩みや、より美しく見せる効果の出る立体造形だから出来る本物の美と着心地の良さを、上質な素材・シンプルで気品あるデザインのドレスを提供している。